« 花樹名の語源・由来を集録・・「サンショウ」 | トップページ | 花樹名の語源・由来を集録・・「マグノリア属」、A類の部 »

2011年5月28日 (土)

花樹名の語源・由来を集録・・「ヒメウコギ」

   ヒメウコギ

 姫五加。うこぎ科の落葉低木。山形県米沢の生垣用特産は、ヤマウコギでなく、ヒメウコギ。

 中国東北部の原産とかいう。古文書に「五加」の名で姫ウコギが最初に掲載されたのは、平安初期の「延喜式」である。諸国から樹皮を献上したと記す。薬用としたのであろう。同時期の「倭名類抄」には、「無古木、牟古岐」の名がある。

 和名の「ウコギ」は、五加の唐音「ウコ」と日本語の「木」の組み合わせで出来た名前である。江戸時代から、葉を食用にした記録がある。漢方で皮根を煎じて強壮剤として服用もした。「五加皮」と言う。米沢藩主の上杉鷹山(ようざん)公は、ウコギ垣とヒメウコギの食用を奨励された。その時代の天明3年(1763)刊行の「飯集」に、「葉を用ゆ也、(中略)常ならざる糧(かて)に当たりたる時は、うこきの根を煎じ半分煮詰め飲むべし」とある。現代でも、米沢市民は、生垣のヒメウコギを食用にしている。

Himeukogi

« 花樹名の語源・由来を集録・・「サンショウ」 | トップページ | 花樹名の語源・由来を集録・・「マグノリア属」、A類の部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花樹名の語源・由来を集録・・「ヒメウコギ」:

« 花樹名の語源・由来を集録・・「サンショウ」 | トップページ | 花樹名の語源・由来を集録・・「マグノリア属」、A類の部 »