« 花樹名の由来・語源を集録・・・「ウメ」 | トップページ | 花樹名の由来・語源を集録・・・「ユキヤナギ」 »

2012年2月 4日 (土)

花樹名の由来・語源を集録・・・「カンヒザクラ」

   カンヒザクラ

 寒緋桜。通称、緋寒桜。ばら科の落葉中高木。琉球城では、御門桜と呼ばれたという。沖縄で正月早々に咲き、元日桜とも呼ぶ。本年は気温異常により遅れて2月初旬に開花したようである。俗称のヒカンザクラは、彼岸桜の名と聞き違えられるので、「カンヒザクラ」が正式和名として定着し、掲載している図鑑も多いそうである。寒冷の時期に緋色の半開きの花を下向きに咲かせるので、寒緋桜(カンヒザクラ)の呼称が好ましいと思う。緋寒桜は、緋色の寒桜という意の名付けで不合理である。その根拠は、寒緋桜の開花期とにズレがあるということ、寒緋桜の花の形と花色が淡紅白色の寒桜と異なるということ等にあるからである。植物名で、「寒」を接頭にして、花色の名を後に続ける呼称に「寒紅梅」の例がある。

Kanhizakura

« 花樹名の由来・語源を集録・・・「ウメ」 | トップページ | 花樹名の由来・語源を集録・・・「ユキヤナギ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花樹名の由来・語源を集録・・・「ウメ」 | トップページ | 花樹名の由来・語源を集録・・・「ユキヤナギ」 »