旅行・地域

2011年7月19日 (火)

花樹名の語源・由来を集録・・「タラヨウ」

   タラヨウ

 多羅葉。別名ノコギリシバ。もちのき科の常緑中高木。葉の裏に釘などで傷つけて文字が書けるので、葉を傷つけて経文を書くヤシ科の多羅樹の「貝多羅葉」(ばいたらよう)になぞらえて名付けられたものである。
 別名は、葉の縁に小さな鋭い鋸歯(きょし)があり、シバとは柴であり、雑木や枝ぎれの意味による。厚みのある大きな葉で、秋冬には、赤い小果を結ぶ。

Tarayoha_2 

その他のカテゴリー